大学受験・英語長文読解のサイト⑩ 受験対策サイトの活用のコツまとめ!

こんにちは、現役早大生のみーこです。英語長文が苦手な私が、受験勉強で活用してきた受験対策サイトをご紹介してきました。実際に使ってみて、もっと早く知っておけばよかったと思うこともあり、反対に受験勉強の後半から取り入れてよかったと思うこともありました。英語長文はサイトの活用でかなり後半の追い上げができたと思っています。
 実際に活用してみて感じた、受験対策サイトの上手な活用方法のコツをまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

大学受験・英語長文読解のサイト活用のきっかけ

 私が受験対策サイトを見始めたきっかけは、塾に通わずに受験勉強をしていたのでその分のマイナスを補足できないか、と考えたためです。もちろん完全に自学習のみで大学受験を目指している方もたくさんいるので、マイナスだと感じたのは個人的な考えです。私は英語長文にすごく苦手意識があり、これを克服しないと合格は難しいと思っていて、参考書だけではなく、よりわかりやすく説明してほしいと思うことがよくありました。そんなとき、受験対策サイトで解説の講義動画が見れることを知り、月980円の受験サイトに申し込んでみました。

大学受験・英語長文読解の有料受験対策サイトのコスパは?
 
 私は高3秋から入試本番までの間、有料の受験対策サイトを使っていましたがコスパを考えてもすごくよかったです。参考書などを解いていて、詳しい解説がほしくなったら講義動画を探してみたり、過去問もダウンロードできたので英語長文はまちろん、他の科目でもよく活用しました。ただ
有料のサイトはお金がかかる分、安くてもよく検討してから申し込むことをおすすすめします。

 ただ、実際に活用していて思ったのは、受験対策サイトはあくまでの自学習の基礎ができた上で補足として使うものだと感じました。例えば、有料の受験対策サイトを申し込んだからと言って、その講義動画を見るだけで受験対策になるかと聞かれるとそれは違うと思います。受験対策サイトの中でも金額が高めのプランもあり、学習計画を手助けしてもらえるものや専属の先生がついてくれるものもありますが、それでも土台となる自学習は必須だと思います。なぜなら他のライバルたちも同様に自学習を一生懸命頑張ったうえで、塾や家庭教師などを活用しているからです。あくまでもそういった差を少しでも縮めるための手段として考えておくのがおすすめです。

大学受験・英語長文読解の無料受験対策サイトのコスパは?

 一方、無料で閲覧できる受験対策サイトはどんどん使うべきだと思います。これはコラム形式の受験に関する情報や、勉強方法を紹介していたり、例題を紹介したりしているサイトが多いです。特に勉強方法に関しては、選択肢が広がるし、学校の先生も知らないような情報が見つけられることもあります。大学受験は昔と違い、情報をうまく活用することも合格のためには欠かせないと思います。
 例えば私は悩みの種だった英語長文問題で、サイトを活用していろんな時間配分や解答順を調べて自学習やテストで試して最終的な自分なりの時間配分と解答順を決めました。自分のレベルや志望大学のレベルによって変わってくるので、いろんな選択肢を知っていてよかったと感じました。

大学受験・英語長文読解の受験対策サイトの注意点!
 
ただ注意したいのは、大学受験サイトと言っても、中には情報が古かったり中身があまりないようなサイトも数多くあります。サイトを見たり探していると、自分が思っている以上に時間を消費してしまうことがあるので、没頭してしまうのは悪影響だと思います。必要な時に必要な情報を得る、ということ以外にはあまり閲覧に時間を割かないように注意したほうがいいと思います。私は参考書の受験勉強に疲れてどうしてもやる気が出ないとき、時間を決めて受験対策サイトを見ていました。

 大学受験の英語長文克服のために、いろんな受験対策サイトを活用してきましたが、活用の1番のコツは、いかに必要な情報だけを短時間で見つけるかということになると思います。私は有料の受験対策サイト1つと無料で内容が充実しているサイト1つに決めてからはほぼ他のサイトは見ていませんでした。
 受験勉強に困っている、サイトを活用してみたいという受験生の方は、ぜひご紹介した活用のコツを参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です