大学受験・英語長文読解のサイト⑩ 受験対策サイトの活用のコツまとめ!

こんにちは、現役早大生のみーこです。英語長文が苦手な私が、受験勉強で活用してきた受験対策サイトをご紹介してきました。実際に使ってみて、もっと早く知っておけばよかったと思うこともあり、反対に受験勉強の後半から取り入れてよかったと思うこともありました。英語長文はサイトの活用でかなり後半の追い上げができたと思っています。
 実際に活用してみて感じた、受験対策サイトの上手な活用方法のコツをまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

大学受験・英語長文読解のサイト活用のきっかけ

 私が受験対策サイトを見始めたきっかけは、塾に通わずに受験勉強をしていたのでその分のマイナスを補足できないか、と考えたためです。もちろん完全に自学習のみで大学受験を目指している方もたくさんいるので、マイナスだと感じたのは個人的な考えです。私は英語長文にすごく苦手意識があり、これを克服しないと合格は難しいと思っていて、参考書だけではなく、よりわかりやすく説明してほしいと思うことがよくありました。そんなとき、受験対策サイトで解説の講義動画が見れることを知り、月980円の受験サイトに申し込んでみました。

大学受験・英語長文読解の有料受験対策サイトのコスパは?
 
 私は高3秋から入試本番までの間、有料の受験対策サイトを使っていましたがコスパを考えてもすごくよかったです。参考書などを解いていて、詳しい解説がほしくなったら講義動画を探してみたり、過去問もダウンロードできたので英語長文はまちろん、他の科目でもよく活用しました。ただ
有料のサイトはお金がかかる分、安くてもよく検討してから申し込むことをおすすすめします。

 ただ、実際に活用していて思ったのは、受験対策サイトはあくまでの自学習の基礎ができた上で補足として使うものだと感じました。例えば、有料の受験対策サイトを申し込んだからと言って、その講義動画を見るだけで受験対策になるかと聞かれるとそれは違うと思います。受験対策サイトの中でも金額が高めのプランもあり、学習計画を手助けしてもらえるものや専属の先生がついてくれるものもありますが、それでも土台となる自学習は必須だと思います。なぜなら他のライバルたちも同様に自学習を一生懸命頑張ったうえで、塾や家庭教師などを活用しているからです。あくまでもそういった差を少しでも縮めるための手段として考えておくのがおすすめです。

大学受験・英語長文読解の無料受験対策サイトのコスパは?

 一方、無料で閲覧できる受験対策サイトはどんどん使うべきだと思います。これはコラム形式の受験に関する情報や、勉強方法を紹介していたり、例題を紹介したりしているサイトが多いです。特に勉強方法に関しては、選択肢が広がるし、学校の先生も知らないような情報が見つけられることもあります。大学受験は昔と違い、情報をうまく活用することも合格のためには欠かせないと思います。
 例えば私は悩みの種だった英語長文問題で、サイトを活用していろんな時間配分や解答順を調べて自学習やテストで試して最終的な自分なりの時間配分と解答順を決めました。自分のレベルや志望大学のレベルによって変わってくるので、いろんな選択肢を知っていてよかったと感じました。

大学受験・英語長文読解の受験対策サイトの注意点!
 
ただ注意したいのは、大学受験サイトと言っても、中には情報が古かったり中身があまりないようなサイトも数多くあります。サイトを見たり探していると、自分が思っている以上に時間を消費してしまうことがあるので、没頭してしまうのは悪影響だと思います。必要な時に必要な情報を得る、ということ以外にはあまり閲覧に時間を割かないように注意したほうがいいと思います。私は参考書の受験勉強に疲れてどうしてもやる気が出ないとき、時間を決めて受験対策サイトを見ていました。

 大学受験の英語長文克服のために、いろんな受験対策サイトを活用してきましたが、活用の1番のコツは、いかに必要な情報だけを短時間で見つけるかということになると思います。私は有料の受験対策サイト1つと無料で内容が充実しているサイト1つに決めてからはほぼ他のサイトは見ていませんでした。
 受験勉強に困っている、サイトを活用してみたいという受験生の方は、ぜひご紹介した活用のコツを参考にしてみてください。

大学受験・英語長文読解のサイト9 受験対策サイトおすすめランキング

こんにちは、現役早大生のみーこです。英語長文が苦手だった私が、どんな勉強法で大学受験合格を掴んだのか、実際の受験勉強の方法をご紹介しています。
 中でも特に英語長文対策のためになる、受験対策サイトランキング形式でご紹介していきます。

大学受験・英語長文読解のサイトで勉強法が変わる?

 難関大学受験において、英語は絶対に攻略しておかなければいけない科目だと思います。センター、2次試験どちらにおいても英語の点数が合否を左右するポイントです。英語長文の点数がなかなか伸びずに苦戦していた私ですが、高3の秋くらいから過去問演習とサイトの活用を始めてから点数が伸び始め、センターが終わってからぐっと点数が伸びました。
サイトにある勉強方法を取り入れたりして、それまでの勉強方法を変えたものもありました。
わたしが受験勉強で活用していた受験対策サイトをランキング形式でご紹介していきます。

大学受験・英語長文読解対策おすすめサイトランキング!

 1位 独学ラボ https://dokugakulabo.com/about/
 2位 スタディサプリ https://studysapuri.jp/ 
 3位 大学受験プラス http://daigakujuken-plus.com/how-to-study/english/
 4位 秘密結社旧帝大 http://himitsukessya-k.com/
 5位 偏差値30からの受験英語 http://those-guys.net/

 サイトそれぞれに特徴はありますが、私が主に取り入れたり活用していたもので、中でも1位、2位のサイトをメインで見ていました。
 特に1位の独学ラボは、そのサイトを見てこれまでの勉強方法を変更したりしたので、私の合格の大きな手助けになっていたと思います。

大学受験・英語長文読解対策サイトで役立ったのはこれ!

 私が大学受験対策サイトを活用していて役立った具体的なポイントがこちらです。

●勉強方法に新たな選択肢が増えたこと
●塾に行かずに講義動画がみれたこと
●自学習で疲れた時に息抜きができたこと
●受験に対するモチベーションが保てたこと

大学受験・英語長文読解には、受験サイトで新しい勉強法を仕入れる!

 まずそれまで決まった方法で受験勉強していたところに、サイトの中から新しい選択肢を見つけて試すことでマンネリしていた受験勉強が新鮮になりました。英語においては、私はまず英単語の勉強方法を切り替えました。1日10~20の単語を暗記するというペースで進めていましたが、覚えきれなくてもいいので100程度一気に覚えるようにしました。勉強方法を変える前は、受験本番までの日数を考えると、最後までいけるかどうかという心配が常にありましたが、やり方を変えてからはとにかく数はこなせて前に進めていけるので、それだけ復習で定着できるかというところにポイントが変わり不安が減りました。
 ただ各サイトの中にはたくさんの勉強方法が紹介されているので、自分に合ったものを見極めて振り回されないようにする必要があると思います。

大学受験・英語長文読解には、受験サイトでモチベーションをキープする!

 また、大学受験に対するモチベーションをキープするのにすごく役立ちました。私は英語長文の点数が後半までなかなか伸びなかったこともあり、思っている以上にやる気を保つのが難しく、模試の結果が出た後などは弱気になってしまうことが多々ありました。そこで、すぐに勉強する気になれないときに息抜きとして受験のモチベーションキープの方法などの記事を読んでいると、どうすればいいのかだけでなく受験生にたいする励ましなども書いてあり、気持ちが軽くなったりやる気が再燃したりということがよくありました。

 ご紹介したように、受験対策サイトは英語長文だけでなく大学受験というものを克服するためにすごく役に立ちました。特に塾へはいかずに自学習で受験しようと考えている方にもすごくおすすめです。息抜きに記事を読むことも楽しんでいたので、ちょっと受験勉強につかれている受験生の方も、ぜひのぞいてみてください。

大学受験・英語長文読解のサイト③ 無料で使える受験サイトとは

こんにちは、現役早大生のみーこです。高3の大学受験勉強の開始と同時に英語長文という難問にぶつかり、参考書と授業だけだった勉強に、秋口くらいから受験サイトを取り入れるようになりました。その②で月額の受験サイトをご紹介しましたが、無料で見れる受験対策サイトもたくさんあり、ためになるものも多いのでご紹介していきます。

大学受験・英語長文読解に無料で役立つサイトがある!

 私が大学受験対策のサイトを見つけたのは、月額のサイトに登録したときに他にどんなサイトがあるか調べたときでした。もちろん月額には相応のメリットを感じて有料でも登録をしたものの、無料のサイトでも内容はかなり充実しているものも多くありました。

大学受験・英語長文読解に無料で役立つサイトベスト1!

 受験勉強の英語長文対策でためになったサイトのひとつがこちらです。

●独学ラボ
https://dokugakulabo.com/about/ 

 このサイトは偏差値38から参考書のみで早稲田大学に合格したサイト運営者さんが、実際の浪人時代の経験を活かして受験勉強方法を指南してくれるというサイトです。
 私がよく見ていたのが受験対策に関する記事で、カテゴリ分けがされており隙間時間に読むとかなりためになりました。

大学受験・英語長文読解に役立つベストサイトの内容は?

 基本は各科目や受験勉強全般のマインドに関することなどカテゴリ毎に分かれています。私は英語長文をなんとかしたいと思っていたので、特に英語の勉強方法に関する記事を読んでいました。英語の中でも「英語 勉強法」「英文法」「英文解釈」「英語長文」など細かく分かれており、内容が薄いサイトもあるなか記事内容もすごく実践的でぎっしりとしています。

 個人的にためになった記事は英単語の覚え方のコツが紹介されている記事でした。サイト主さんも英単語には苦労してライバルたちが英単語を覚えていると焦るばかりだったのが、コツを掴んだら英単語の勉強が苦ではなくなった!という内容で、この記事をよんで単語の勉強方法をその日から変更しました。
 具体的には1日10個などを覚えても無駄!実際には数千語を最終的に覚えなければいけないので1日100程度を繰り返しやろう!CDを使って正しい発音も込みで覚えなければ意味がない!という内容でした。

 英語長文の記事では、センター試験は200点の配点のうち、約4分の3が長文読解であることに触れ、「音読」「パラグラフリーディング」「リーズニング」にしぼった勉強方法の記事が参考になりました。リーズニングという言葉を聞いたことがなかったのですが、このサイトがすごいのは、そういった言葉を中学生が読んでも分かるような言葉で説明してくれている点です。英語の参考書でよくある、実際はどんな意味なのか漠然としている、ということがありません。このサイトにある通りの勉強を高1くらいから実践していれば、だれでも英語長文が得意になれるのではと感じるくらい具体的です。

大学受験・英語長文読解に役立つベストサイトのおすすめポイントはここだ!

 このサイトのおすすめポイントは英語長文をはじめとした大学受験勉強方法の紹介とともにおすすめ参考書が書かれていることです。しかもレベルごとに紹介されているので難関大学を目指す方から一般レベルの方まで幅広く活用できるサイトだと思います。

 大学受験勉強の合間にこのサイトを覗いていたのですが、受験勉強のモチベーションを取り戻したいときにもよく活用していました。「やる気」というカテゴリがあり、モチベーションがアップするような内容の記事で受験生に向けてメッセージを送ってくれています。受験勉強中は今思えば、いろんなストレスの中で勉強をしているのでネガティブになってしまいがちでしたが、そんなときにこのサイトを見て自分を奮い立たせる、ということがよくありました。誰かに背中を押してほしいと思ったときにもぴったりのサイトなので、まさに受験勉強中の受験生の方にぜひ見てほしいです。

大学受験・英語長文読解のサイト② 月額受験サイトの活用法とは

こんにちは、現役早大生のみーこです。私が高校3年生で受験勉強を始めたとき、塾には通わず学校の授業以外での勉強は、参考書と受験対策サイトですすめました。元から特に英語長文が苦手でしたが、色んな角度から勉強したことで点数が伸びたのではないかと感じています。

大学受験・英語長文読解のサイト『スタディサプリ』とは?

 受験対策サイトの存在を私が知ったのは高3の秋です。今思えばもっと早くから知っていたかった気もしますが、その時期からの活用でも私にとってかなり英語長文強化に役立ちました。私が活用していたのは、月額980円で利用できる『スタディサプリ』のベーシックプランです。(他の無料で見れるサイトもたくさんあるので、また別でご紹介します)

大学受験・英語長文読解のサイトでは具体的に何ができるの?

 『スタディサプリ』ベーシックプランではまず講義動画が見放題です。私の目当てもこれで、英語長文問題に取り組むうちに、高校の授業習ったけれど理解があいまいな部分が多くでてきました。参考書にも解説があるのですが、自学習で理解が難しなと思ったときにいつでも見れるのが私にはすごくよかったです。また動画のよいところは何度も見直すことができることです。蛇足ですが、いずれ学校の授業も録画されてデータになったりするのではないかと個人的には思います。授業は生き物とよく聞くように、1度きりだからこその良さももちろんあるとは思いますが・・。

大学受験・英語長文読解のサイトを使ってよかったこと

 私が受験勉強の、英語長文の補足として受験対策サイトを取り入れ始めて良かった点がが視野が広がったことです。学校の授業と自学習しかなかったところに、新たに動画が加わって塾に通うような役割が果たせていたと思います。人気講師さんの授業なので解説もためになるものが多く、自学習の合間に見たり、参考書の理解を深めるためにその項目の講義を合わせて見たりして使っていました。
 また、過去問がセンター試験なら7年分、大学試験なら3年分をダウンロードすることができ、周りのみんなは割と赤本を持っていましたが私は都度ダウンロードしたものを印刷して使っていました。赤本は分厚いので見やすさで言うとやや難ありだったので、プリントなら持ち運ぶにも苦にならず気に入っていました。

大学受験・英語長文読解のサイトを使う最適な時期とは?

 大学受験の英語長文の対策のために始めたサイトでしたが、時期もよかった気がします。受験サイトの存在を知ったのが高3の秋で、当時はもう少し早く始めていてもよかったと思いましたが、春から夏までは参考書の勉強にしっかり取り組んだ上で、さらなる補足として活用したのがよかったと思います。おそらく春からこのサイトを使っていても、まだ基礎も身についていない中ではうまく活用できなかったと思いますし、始める時点で勉強方法の選択肢が多すぎて混乱していたかもしれません。
 大学受験の対策サイトは、それのみで受験を乗り切ることは難しいと思います。あくまでも自学習の補足として使うのがおすすめで、そのための基礎は自学習で鍛えておく方がいいと思います。

大学受験・英語長文読解のサイトのここに注意!

 注意点として受験対策サイトの月額料金は、あくまでも「月額に換算すると」という場合が多いです。1年間契約や、受験年の3月までの契約で一括支払いの場合などもあるので利用規約をしっかり読んだ上でどのサイトを利用するのかを決めた方がよいと思います。また、一定期間無料のトライアルがついているようなサイトもあるので月額のプランを考えている方は、トライアルで試してみるのもおすすめです。
 その点を踏まえても、大学受験のための塾に通う金額と比較するとお値打ちなので、選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

大学受験・英語長文読解のサイト① どんなサイトがあるの?

こんにちは、現役早大生のみーこです。ここでは私が実際に高3の大学受験勉強で活用した英悟対策サイトをご紹介していきます。大学受験勉強では、参考書を受験対策サイトをメインに自学習をしていて、塾には通っていませんでした。それでも自分に合った参考書と受験対策サイトで、苦手だった英語長文もマスターすることができたのでぜひ参考にしてみてください。

大学受験・英語長文のために、受験サイトを探しましょう!

 大学受験勉強を始めた当初、英語長文がどうしても苦手でした。それまで授業では精読をメインに読解していたし、初見の英語長文がとにかく苦手で何から手をつけていいかもわかりませんでした。高3の春から受験勉強を始めましたが、本格的にスタートしたのは高3の夏に部活動を引退してからです。私実践したていた受験勉強は大きく分けるとこんな方法です。

①英単語・文法を参考書で勉強する
②リスニング対策にCDつきテキストを活用する
③英語長文問題には過去問+問題集に取り組む
④精読は授業+問題集の復習で行う
⑤受験対策サイトを使って動画講義を見たり問題を解く

①②は同時に春開始して、③④も夏休みから開始、⑤は秋以降に活用を始めました。

 受験対策サイトを活用してみようと思ったきっかけが英語長文でした。模試でもなかなか点数があがらず、参考書以外で自分でできる勉強方法を探していた時、受験対策サイトを見つけました。

大学受験・英語長文を強化できる受験サイトとは?

 調べていくと大学受験対策のサイトは世の中にたくさんあり、現役講師の方がアドバイスをしているサイトなども多くありました。

●過去問や練習問題などをまとめたサイト
●受験全般に関する対策がまとめられたサイト
●月額で講義動画が見れるなどの受験サイト

 特に塾の代わりとして使うなら、月額を支払うサイトがすごく内容が充実していたのでおすすめです。月1000円前後で、講義動画+過去問+練習問題+役立つ受験情報などが見れるのでコストパフォーマンス的にもかなり満足していました。

大学受験・英語長文のために実際に活用した受験サイトはこれ!

 私が英語長文対策に実際に活用していたサイトは『スタディサプリ』です。私は塾に行かずに自学習をしていたので、塾の代わりとなるようなサイトを探していたので講義動画がたくさん見れるこのサイトはぴったりでした。英悟だけでなく全科目の動画も見れるので、月額980円でもお値打ちだと思います。ベーシックプランと合格特訓プランがあり、私はベーシックプランを活用しました。

大学受験・英語長文のために受験サイトで何ができるの?

 980円で使えるものとしては、見られる動画講義が1680動画、講義のテキストやセンターと大学過去問がダウンロードできます。私は赤本は買わずにこのサイトから過去問演習をしました。英語長文の問題をメインにたくさんの過去問を解きました。
 また、私は使用していませんでしたが月額9800円の合格特訓プランもあり、自分だけのコーチが専属でついて志望大の受験までの学習プランを作ってくれたり、24時間質問ができるという機能もあるようでした。ちょっとお値段は高めですが、気になりますね。

 私の大学受験の受験勉強のイメージは、机に向かって参考書をひたすら解くだけと思っていましたが、受験対策サイトを活用したことで世界が広がり、塾に行っていないことが気にならなくなりました。参考書にプラスして勉強に取り入れたことで、英語長文も徐々に点数があがっていき、ひたすら参考書を解く勉強の息抜きにもなりました。受験勉強で煮詰まっている受験生の方は、気分転換にもなるのでぜひどんなサイトがあるか調べてみてください。

大学受験の英語長文がわかりすぎるサイトを4つご紹介

ここでは大学受験の英語長文学習におすすめのWEBサイトをご紹介していきます。大学受験において英語試験は重要な科目です。中でも英語長文は勉強方法に悩んでいる受験生の方も多いのではないでしょうか。英語長文は勉強方法にコツがあります。そんなポイントを紹介しているサイトでは、英語長文へのアプローチの方法が紹介されており、もっと早く知りたかった!と思っていしまうような情報まで盛りだくさんです。単語集や文法参考書の勉強に疲れた方も、ちょっと覗いてみてください。目からウロコの情報が見つかるかもしれません。

英語長文マスターのための情報を知り尽くしたつもりの方へ

 WEBサイトを活用して大学受験の英語長文をマスターするには、対策に関するたくさんの情報の中から、自分に必要な情報を選択する必要があります。翻訳サイトなど、英語に関するサイトは一般的ですが、大学受験の英語に特化した膨大な数のサイトの中から見やすく信頼できるサイトを見つけるのは容易ではありません。しかし自分にぴったりあったサイトを見つけられれば、参考書に用にお金をかけることなく新たな知識を得ることができます。ただ、WEBサイトの活用だけでは受験の英語長文は攻略できません。参考書や問題集を活用した学習にプラスする形でサイトを参考にするのがおすすめです。ある程度英語長文の基礎が定着してきた段階で、活用するようにすれば、多すぎる情報に惑わされることもなく自分に合った情報のみを参考にすることができるでしょう。基礎は知り尽くしてマスターしたと感じている方にこそ試してほしいです。

英語がわかりすぎて困る!まとめサイトをご紹介

 大学受験の英語長文のサイトで、これは見やすく分かりやすい!という受験対策まとめサイトをご紹介していきます。デザインもまとまっていて内容が見やすいので、参考書より見やすいと感じるかもしれません。

●独学ラボ
https://dokugakulabo.com/

こちらは受験英語におけるあらゆる情報が詰まったサイトです。独学で学習を進めたい方にぴったりで、英語だけでなく各科目の受験対策が網羅されています。受験全般に関わる情報の記事も豊富で、隙間時間に覗いてみても苦になりません。例えばこんな見出しが取り上げられています。

・英単語の覚え方決定版!最強に効率よく覚える3つのコツ【2017年完全版】
・【英語勉強法まとめ】4ヶ月でセンター英語9割・早慶レベル突破する全手法
・赤本の使い方|過去問を最初に解く意味、解く順番と時期

 内容も実体験に基づいた具体的な内容が多く、信頼性が高いです。見出しも受験生の興味を引くものが多く、一見の価値ありです。これから受験勉強を開始する方も参考になる内容も多いといえるでしょう。

おすすめのサイトをランキングにしました

大学受験の英語長文におすすめのサイトをランキング形式でご紹介します。順位が高いサイトは情報が整理されていて見やすいのが特徴です。

1位
●逆転合格.com
http://逆転合格.com/

このサイトの他にない特徴は何といっても大学別の対策が充実していることです。項目も細かく、英語の中でも「★特に苦手な分野はこちらから!」という中で10もの項目に分けて対策を紹介しています。もちろん英語長文の勉強法やおすすめの参考書も紹介されています。英語全般の勉強に迷ったとき、他にどんな選択肢があるのか知りたくなった時、必要な情報だけを詳しくみることができるためおすすめのサイトです。

2位
●大学受験勉強方法.com
http://大学受験勉強方法.com/

サイトのデザインはシンプルですが人気の記事が多く、「偏差値40からの英語勉強方法。まずは英単語英単語単語単語単語!!」「この1記事で英語の勉強方法がすべてわかる!英語勉強方法【完全版】」などキャッチーな見出しが多く、文章も固くないので読み易いのが特徴です。英語長文の学習の概念がガラッと変わってしまうような内容もあり、受験生にとって参考書では得られない、新しい価値観を紹介しています。

3位
●秘密結社旧帝大
http://himitsukessya-k.com/

「大学受験は、正しい勉強法と勉強に対する価値観で決まる」と実際にサイト管理人さんが実践して偏差値をあげた方法が紹介されています。全体の受験勉強の流れから、おすすめの勉強法や参考書、無料例題も紹介されており、独学で学習したい方には特におすすめです。

 大学受験の英語長文について知りたくなった時、様々なサイトがあります。英訳・和訳なども含めてWEBサイトは効率よく上手に活用していきましょう。たくさんのサイトの中からどれを見たらよいのか迷ってしまったときには、ぜひご紹介したサイトを覗いてみてください。選択肢や考え方を広げて、勉強のマンネリを打破しましょう。

大学受験の英語長文はオンラインでお金をかけずにマスター!

大学受験の英語長文をオンラインで学べるということをご存知ですか?大学受験の勉強と言えば参考書と教科書が必須アイテムで、毎日机に向かって問題を解くというイメージがありますが、それももう過去のことです。現在、インターネットで受験対策を調べればたくさんのWEBサイトがヒットします。過去問が無料でダウンロードできたり、動画で講義が受けれたり、受験勉強の方法が広がっているのです。塾に通うと思った以上に月謝が高額だったり、参考書も1冊では済まないので費用がかさみます。そんなお悩みを抱えている方はぜひオンラインでの受験勉強を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

英語長文の勉強方法にお金をかけ続けてきた方は見直した方が良いです

 大学受験で英語長文を勉強したいと思ったとき、オンラインではどんな手段があるのでしょうか?まずは受験対策をまとめたサイトを探してみましょう。実際の自身の受験体験を元にした学習サイトだったり、大手塾が運営するサイトだったり、探してみるとたくさんのサイトがあります。内容も堅苦しくなく、記事になっており読み易いものが多いです。また、そういったサイトの多くが英語のみに限らず、別の科目やあるいは受験全体に対するためになる知識や対策を紹介していることが多く、日々の勉強の息抜きになりそうな側面もあります。隙間時間に漫画やゲームをするように、講義の動画を見てみましょう。参考書をもう1冊購入する前に、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

オンライン動画などで勉強するととてもリーズナブルです

 大学受験の英語長文をオンラインで勉強する方法とは、具体的にいうと動画で勉強ができるということです。英会話などの動画講義は有名ですが、受験対策のものもあるのです。受験対策サイトにもさまざまな種類があり、近年メジャーになってきているのが人気塾講師の授業を動画で見れるようなサイトです。平均月額1000~2000円ほどで、サイトによっては講義動画が見放題になっており、しかも自由な時間に視聴できるのが最大のメリットです。塾に通うとなると、それ以上の金額がかかってきます。家庭教師ならさらに高額な費用がかかるでしょう。
 オンラインでの学習のメリットは、疑問に思ったときにすぐに見れたり、何度も見返したりできることです。学校や塾の授業ではこうはいきません。しかも単元ごとの動画があったり、科目を問わず一律のお値段で全科目が見放題など、魅力あるサービスになっています。練習問題や過去問題をダウンロードできるサイトもあるので、いろんなサイトを見比べてぜひ興味を惹かれるサイトを選んでみてください。

英語長文をオンライン動画で勉強するならある程度の基礎はマスト

 大学受験で英語長文をオンライン動画で勉強する方法をおすすめしてきましたが、もちろんオンライン「のみ」で受験に挑むのはなかなか難易度が高いです。もちろんある程度の基礎が身に付いた状態でオンラインの動画を活用するのが賢い活用方法です。自学習で疑問が出てきたときに、知識を補充したり、基礎を確認するように動画を見てみるのが意味ある活用方法です。オンラインで動画での学習は、塾に通うように決まった時間を取られないので、自学習で受験勉強を進めたいという方にとっては自学習とのバランスが取りやすく、コストパフォーマンス的に見てもおすすめの方法です。

 大学受験の英語長文をオンラインで学ぶには、まずオンラインの受験対策サイトを探してみましょう。大手塾が運営しているサイトなどサイトごとに特徴があります。自分が強化したい部分も含めて自分にあったサイトを選んでみましょう。月額料金もが塾などに比べると低めなので、お試しで様子をみるのもおすすめです。サイトによっては無料トライアル期間があったりするので、ぜひ参考にしてみてください。